家具について

日本における家具の高級品と言えば、桐でできた家具です。これは、湿気を通さず、発火しずらい桐の特性が家具として適している為で、軽い点でも家具として重宝され使われていたようです。日本での家具の存在は、主に箪笥など収納としての役割を果たしていますが、海外では、収納の役割以外に室内でも靴を履いて生活する様式から、空間の区別化などの用途としても家具が使われています。

日本には、多くの家具産地があります。北は北海道、南は福岡までもちろん、小さな工房で手つくりされているところもあり、地域の木材の関係や地域で初めて作った人の技巧の影響などの影響で、個性的で豊かな表情を持った家具が多くあります。
量販店などで安価で販売されてる家具とは違い高価ですが、それに見合う材料と技巧が施され、長年にわたって使うことができる為、現在でも絶えることなく受け継がれています。

近年、家を建てる時に、家に合わせた作り付けの家具を作成する事が人気です。移動がきかず、模様替えには向きませんが、地震など震災時のことを考えると、転倒防止対策をしなくてもよい、家の雰囲気を壊さない作り付け家具の人気もうなずけます。
作り付け家具の場合通常の家具とは違い、建築基準法に従い建築確認、完了検査の必要があります。



関連リンク集

家具の購入ナビゲート
いい家具ってどんな家具?知っておきたい家具情報が掲載されているサイトです。